彼氏と喧嘩ばかり 回避方法 関係修復 恋愛相談電話カウンセリング


「恋愛相談所」

恋愛相談から恋愛の悩みを解消する。

プロ恋愛カウンセラー電話相談カウンセリング

恋愛相談専門家からの効果的なアドバイスを期待してください。


悩み相談相談専門サイト


「悩み相談所」

http://cunsal-again.net/

悩み相談全般、人生相談、仕事の悩み相談、人間関係
様々な悩み相談の電話相談に対応しております。


恋愛相談専門サイト

「復縁相談所」
http://fukuen-soudan.tokyo/

復縁相談の関する専門的な情報、記事をアップしています。
復縁問題解決方法がわかります。


彼氏と喧嘩ばかり
喧嘩回避方法、関係修復
恋愛相談電話カウンセリング

彼氏と喧嘩して、関係がぐずつく恋愛相談はとても多いです。

別れや距離を置くようになったのは、喧嘩からというのはほんとに多いです。

喧嘩の原因が彼氏なのか、あなたなのか。

犯人探しだけでは、解決にはなりません。

第三者が入る裁判のような時であれば、どちらかに白黒つけて、反省を促すことは有るかもしれませんが、二人きりではそれはムリです。

喧嘩は、感情が生の感情同士のぶつかり合い。

これって、ほんとに避けた方が良いと思います。

何もいいことがうまれません。

感情をぶつけ合って、理解していく。

昔は喧嘩するほど仲がいいと言っていましたが、これ言われていたのは昭和時代の話しです。

今は、喧嘩して仲良くなる話し、少なくても毎日、恋愛相談を受けている恋愛相談所では、聞いた記憶がありません。

自分の言いたいことは言う、自己主張はとても大切だとは思いますが、ちょっと考え方が違うと思います。

確かに、我慢を続けて、いつか不満が一気に爆発が良くないですが、両極端すぎませんか?

0か100しかない考えは、大よそ間違っています。

ちょっと考え方を改めてる必要があるかもしれません。

喧嘩が多いのは、相手に問題あっても自分が悪いと考える。
ここから、関係修復の道が見えてきます

誤解してほしくないのですが、あなたが悪いと言っているわけではありません。

自分が悪いと考えたとすると、また違う考えが生まれてきます。

そもそも、自己主張というのを勘違いしていませんか?

凄く多いです。

自己主張に関して考え方を勘違いしている方。

言いたいことはしっかりいう。

裏表ない姿はそういうものだというのは、大きな勘違いです!

これ、ドラえもんでいうと、ジャイアン的な考えです。

のび太くんがどう考えようが、何をしたいか、関係ない。

自分が思ったことは、ズバズバ言う。

ジャイアンは、自己主張がある。

のび太くんには、自己主張がない。

これは、間違いです。

のび太くんの自己主張がないのは、正解ではあると思います。

のび太くんが、まんがを買いました。

嬉しそうに歩いている帰りの道中、ジャイアントであった。

「おい、のび太、その漫画貸せよ」

ジャイアンには逆らえませんから、しぶしぶ貸します。

家に帰って、ドラえもんに愚痴を言って、何とかしてもらう。

というパターンです。

ここで、しずかちゃんが漫画をもって歩いていましたとします。

ジャイアンは、デリカシーに欠けますから、相手がだれであろうと遠慮なくしずかちゃんに同じことを言います。

でも、しずかちゃんは

「この漫画は、今買ったばかりだから、今日読んで、明日貸してあげるから、明日まで待ってくれる?」

今は貸せないけど、明日ならいいよという答え方です。

これで、ジャイアンが納得するかはわかりませんが、貸す、貸さないと0か100の選択肢しかない答えとは違います。

ジャイアンは、今は貸してくれないけど明日になれば今満たされない気持ちが満たされるとわかります。

自己主張は、0か100の話しではなく、どちらもOkとなって、成立する話です。

ただ言いたいことを言うのは、自己主張ではなく、ただのわがままでしかないです。

悪いことを注意する。

ただ頭ごなしに言っても、通用しません。

子供のころからそのような教育、軍隊式教育なら聞くかもしれませんが、今そのような教育している家庭は、あまりありません。

言い方を変える、伝え方を変える。言うタイミングをちゃんと見る。

言いたいことは、ちゃんとはっきり言う。相手がわかるまで一人エスカレートして強い口調で言う。

今の時代、このようなやり方、ワイドショーのコメンテーターは、すぐ外されますよ。

煙たがれます。

先日の選挙には、勝てそうにないと出馬しなかった女性議員みたいなものです。

愛情がないです。

結果は、勘違いがあるとおこりやすいです

何かしらの考え方に間違いや勘違いがあるから、怒りぽくなるのです。

大人になるとヒステリーな人が多くなるのは、自分の考えに自信があるからです。

子供のヒステリーはあまりないです。

まだ、絶対的な自信が考えに無いですから。

これは、間違いない!という価値観に反するから、瞬間的に怒りスイッチが入る。

これ、いきなりなるではなく、怒りスイッチの時差は、どんどん短くなっていきます。

気が付いた時には、瞬間的にすぐにスイッチが入りやすくなる。

最初は、使い慣れていませんから、固いボタンだったのですが、何度も押しているうちに、柔らかくなり、触れただけでスイッチが入るようなものです。

無意識になっているものです。

怒り、ヒステリーは、いい恋愛に対して、妨げにしかなりません。

考え方を変えなければ、治りません。

抑えるだけでは、控えるだけで、済むそんな簡単な話ではないです。

根本の考え方を変えなければいけないと思います。

そうでなければ、必ず近い将来、後悔になりますよ。

大切な方を失う前に今、対処しなければいけないと思います。

残念ながら既に別れてしまった方は、復縁したいのであれば、先に考え方を直すことをお勧めします。

そうでなければ、相手が納得して戻ってきません。

電話相談カウンセリングから

根本の問題から今、目先の喧嘩の対処方法。

結果を減らす、平和的な決着方法をアドバイス致します。

恋愛相談のなかで、とても重要な時です。

今すぐの相談を強くお勧めします。